ホワイト377の副作用って?ハイドロキノンとの効果の違いは?

ホワイト377の日中の使用はどうしたら良い?

昔と比べ小麦色の健康的なお肌よりも美白を望む女性がほとんどで、万全な紫外線対策やスキンケアアイテムにより、シミを改善し一刻も早く、美白になりたいと肌改善をしているのでしょう。
そこで問題となるのは、シミを予防したり改善するには色んな肌質の人もあり、副作用が気になったり、敏感肌や乾燥肌の人ならば特に成分により肌荒れなどの、肌トラブルが起こりやすいため 肌に合うものが見つかりません。 そこで、美白成分と言えば今では誰もが知る、肌の漂白剤や気消しゴムとも呼ばれている、最強成分「ハイドロキノン」。 しかし、ハイドロキノン以外にも美白有効成分として注目されている、ブライトニング美白成分「ホワイト377」が今 注目を浴びています。
驚異的なブライトニング効果があり、クリニックレベルとも言われています。

 

最強の美白効果を発揮するハイドロキノンと、一体、何が違うのでしょうか?

 

ハイドロキノンとホワイト377はどう違う?

ハイドロキノンは出来てしまったシミなどの原因でもあるメラニンに直接攻撃し、メラニン色素を薄くするのです。最強の美白効果をもたらし即効性がある反面、お肌にも刺激があり赤み・白班などの副作用も伴うのです。

 

一方、注目されているホワイト377は植物由来原料によりお肌への刺激も最大限少なく、それは敏感肌の人でも副作用なく使用できるぐらいの安全成分なのです。

 

これから生成されるメラニンを徹底的に抑え、つまり、メラニンを薄くする作用はあるもののハイドロキノンのような、高い美白効果や即効性は期待できないのですが、安全性の高く副作用のない美白予防効果に優れているのです。

 

出来てしまったシミ・シミ予備群・これ以濃くならないようにする為の予防型美白成分なのです。 そのメラニン抑制力は、ハイドロキノンの2000倍なのです。

 

ホワイト377の日中の使用の注意点は?

ホワイト377はハイドロキノンのような日中の使用制限はなく、日中メイクをしている間も気になる部分に、しっかりとアプローチしケアできるのです。
肌に優しくメラニン生成を抑制し紫外線からお肌を守り、みずみずしく潤いをキープしながら乾燥肌を防止し、明るく透明感ある美肌に導くのです。

 

ハイドロキノンのように過剰に日中対策をする必要はありませんが、どちらにしろ日中は日焼け対策を行わないと いくらホワイト377やハイドロキノンで美白予防、メラニン対策を行なっても意味がありませんので、紫外線対策は十分に行う必要があります。

 

ホワイト377配合の人気の化粧品

ビーグレン ホワイトクリームEX
最強美白成分のハイドロキノン、メラニンブロック効果の高いシムホワイト377を配合した最強美白コスメのビーグレンホワイトクリームEX。ホワイト377は水溶性のため肌に浸透しにくい成分ですが、ビーグレンしか使用することのできない、最先端の浸透技術で、肌へダイレクトに届けることが可能。そのため、シミ、美白効果はもちろん、新たなメラニンを発生させない究極の美白コスメ。ハイドロキノン濃度は、たったの1.9%のため刺激や副作用の心配なしの安全濃度での配合。
ドクターシーラボ スーパーホワイト377
国内で初めてホワイト377を美白化粧品に取り入れた商品がスーパーホワイト377。抗酸化作用で、肌の変色を防ぐポリフェノールが元のホワイト377と4種類のビタミンを配合することで、美白効果を高めます。スーパーホワイト377EXは、通常のスーパーホワイト377よりも、ホワイト377が高配合のため、刺激があらわれる人も中にはいます。