ホワイト377の副作用って?ハイドロキノンとの効果の違いは?

ビーグレンのハイドロキノンは副作用あるの?

今では美白効果をもたらす商品はたくさんあり、ハイドロキノンは即効性と高い美白効果をもたらすと大人気の美白成分です。
また、ハイドロキノンは即効に美白が実感できるものの、お肌への刺激が強く副作用が起こるというリスクもあります。
それは、高濃度であるほど高い効果を発揮する反面、お肌への負担や刺激が大きくなり副作用が発症するのです。

 

 

では、ハイドロキノンを安全に使用できないのか?

ハイドロキノンの理想的な濃度=刺激や副作用による肌トラブルが少なく、安全性が高いとされ厚生労働省も考慮している濃度は、2%未満の低濃度であり、当然、2%となれば低濃度でシミの効果や即効性も低くなります。
そこで濃度が4~5%ならば効果や安全性のバランスがいいとされる濃度であり、皮膚科でも処方される濃度です。
もっと理想を言えば、皮膚科処方ではなく低濃度で効果・即効性・副作用が少ない、ハイドロキノンがあれば嬉しいですよね。 実は、ドクターズコスメのビーグレンのハイドロキノンがそうなんです!
ビーグレンのハイドロキノンの濃度は1.9%で、他の製品と比較すると濃度が低く効果も低いと思うでしょう。
ところが、低濃度でしっかりとシミケアをし美白効果・即効性を発揮し、副作用も少ないのです。
その理由は、他社には真似できない国際特許技術でもある、ビーグレン浸透技術により最低必要量成分をナノ化にし、確実に浸透させシミの原因であるメラニン色素に攻撃するまで、刺激や副作用は漏れず安全お肌に行き届けるからです。
その優れた浸透力は、一般的なスキンケアではお肌の底まで浸透しにくいハイドロキノンを、ナノ化にしたことで2分の1の速さ&刺激や副作用を出さずに安全性や即効性も抜群なのです。
つまり、浸透力を重視したビーグレンは、ハイドロキノンが浸透しやすくメラニンに浸透したと同時に、ハイドロキノンの効果が発揮され刺激や副作用が半減し、メラニンを薄くし美白に導いてくれるのです。
なので、高濃度にする必要もなく低濃度で効果のある量のみの配合で、お肌にも優しくしっかりと美白効果をもたらし、安心・安全に使用でき副作用や危険性はありません。
しかし、妊娠中や授乳中の人の使用に関しては、安全性を考慮し医師に相談するようになっています。

 

 

理想の低濃度なのに効果バツグンのハイドロキノン
ビーグレン ホワイトクリームEX
最強美白成分のハイドロキノン、メラニンブロック効果の高いシムホワイト377を配合した最強美白コスメのビーグレンホワイトクリームEX。ホワイト377は水溶性のため肌に浸透しにくい成分ですが、ビーグレンしか使用することのできない、最先端の浸透技術で、肌へダイレクトに届けることが可能。そのため、シミ、美白効果はもちろん、新たなメラニンを発生させない究極の美白コスメ。ハイドロキノン濃度は、たったの1.9%のため刺激や副作用の心配なしの安全濃度での配合。